アトピー客の対応と注意点+移らない?【風俗嬢の悩み】

アトピー客の対応と注意点+移らない?【風俗嬢の悩み】

風俗のお仕事でアトピーのお客さんに出会った事がありますか?

アトピーを持ったお客さんを接客した時、ちょっと苦手だなと思ってしまった女性も少なからずいるはずです。

アシスタントの千絵ちゃん
もちろん、程度の問題もあると思いますが、今回はアトピーのお客さんが来た時の対応についてご説明いたします。

ご自分がアトピーでお仕事を探している場合は下記の記事を参考にしてください。

アトピーでも風俗で働きたい!自分に合ったお店探しと注意点

風俗嬢がアトピーでも働ける?お店選びのアドバイスと注意点!

2019年4月26日

 

アトピーってなに?

アトピーってなに?

正しくは【アトピー性皮膚炎】といわれ、体質的にアレルギーを起こしやすい人や皮膚のバリア機能が弱い人になりやすい皮膚に炎症が起こる症状です。

アトピー特有の臭いがあり、その臭いの原因は主に傷口からの膿や塗り薬にあると言われています。(諸説あり)

アトピーは人への感染がないのでプレイには問題ありません。

主に【湿疹】【痒み】がおこり良くなったり悪くなったりを繰り返す症状でもあります。

日常的にもよく腕や首、体を掻いている人を見かけたことがありませんか?

ただ痒いだけの人もいますが、一定時間おきに掻いていたり頻繁に腕や体を気にする人はアトピーの可能性が高いです。

 

アトピー患者は徐々に増えている

近年では国民の約1割が症状を発症していると言われています。

年齢層は30~50代が多く、この年齢層だと風俗へ来るお客さんにドンピシャに当てはまる年齢です。

お仕事をしていると、誰もがアトピーの症状を抱えたお客さんに当たる機会があると思います。

症状がひどいお客さんに当たってしまうと、いくら病気だとはいえ、やはり接客する気持ち萎える場合もありますよね(汗)

 

アトピーの症状が酷いと性病になることも

症状が酷いときは、同じ場所を何度も強く掻きむしってしまいます。

そうするとかいた部分からは出血をしてしまったり膿などが出てしまうことが。。症状がひどい人は、それが日常的になってしまうので出血や膿が出ていても気にしないことが多いそうです。

傷ができた状態で、風俗店に通っているとしたら…自分でも気づかないうちに小さな傷から性病を貰っていることが多く、他の風俗嬢に移してしまっている事例が実は多いんです。

 

アトピーのお客さんの特徴

  • 肌に湿疹が出来ている
  • 肌が乾燥でゴワゴワしている
  • 数カ所に小さい傷ができている
  • 顔、体が赤い
  • 薬等の独特な臭いがする

手の甲、肘や膝などの関節部分に症状が出ることが多いため、服を脱ぐ前でもアトピーと確認できることがほとんどです。

 

アトピーのお客さんを接客する際の注意点

アトピーのお客さんを接客する際の注意点を説明している画像

当たり障りのないように聞く

アトピーを持ったお客さんは、勿論その症状を気にしている方が大勢います。中にはアトピーだと風俗へ行かない方が良いのかな…と悩みつつ来られるお客さんもいます。

プレイをスムーズに進め、お客さんの気分をリラックスさせるためにも、最初の接客で症状に触れておくことが良いでしょう。

酷い症状なのかの確認もできるのでお客さんの気分を損なわないように上手に聞きましょう。

風俗嬢Aちゃん
触ったり、摩っても痛くないですか?

どんなプレイはダメとかありますか?

などなど…遠回しに聞いてみると良いですね。

それをきっかけに話してくれるお客さんもいます。

 

お風呂での確認

アトピーの場合、肌が一般の人よりも弱いので、熱めのお湯やホテルにあるボディーソープや石鹸で、肌を傷めてしまうことがあります。

また、お店から支給されるグリンスは洗浄効果が強く刺激も強いので、お客さんに確認しながら洗っていきましょう。

中にはアトピーを理由にシャワー自体入るのを嫌がるお客さんもいますが、ひどい症状の場合でもシャワーを浴びることはできるので「入ってくれないとプレイができない」と伝えてしまっても平気です。

 

プレイ中のローションも注意

ローションを使う場合、かぶれてしまったり痒みを発症してしまう可能性があります。

こちらもお風呂の時同様、確認しながら使用していきましょう。

 

全身リップは舐めるのではなくキスをする

全身リップを求められたとき、やはり衛生面的にも気になってしまい抵抗がある女性もいます。

特に傷がひどい、軽く出血をしている場合お客さんが性病にかかっていたりするとそれに感染してしまう恐れもあります。

傷口や出血している部分は避け、舐めるのではなくキスをしていきましょう。あからさまに避けていてはお客さんも気にしてしまうので、注意が必要です。

 

自分の局部に極力当てない

お客さんの体を見て、少し気になるポイントがあればそこはなるべく避けてプレイを行いましょう。

素股や手マンをする際、素股はぐりぐりと押しつけたり動いたりせず、肌への摩擦・負担を加減しながら動いてみてください。ペニスがあたるその部分に症状がなければ平気です。

手マンの場合、お客さんの手が荒れていたりすると、中が傷ついてしまう可能性があるので、ゴムを付けてもらうか軽く触れるだけにしてもらいましょう。

 

嫌がらせて興奮する客もいる

風俗客の中には、わざと嬢の嫌がることをして楽しむ・興奮する人もいます。

これは勿論アトピーのお客さんだけでなくどんなお客さんにも言えることです。

実際に風俗嬢が体験した話では、プレイ中に体中を掻きむしったり傷口や症状がひどいのにわざとその部分をする寄せてきたり…なんて話しがあるほど。

ここまでひどいお客さんは稀ですが、こういったお客さんの場合アトピーを全く気にしていないことがほとんどです。

なので嫌なことをされそうになったり、無理にしてきた場合はしっかり拒否をして断ってください。

 

症状が酷い場合は断る事も大事

先程もお伝えしたように、お客さんも気付かぬうちに傷口から性病をもらってしまっていることが少なくありません。

お客さんには悪いのですが、これからの自分の仕事にも影響が出てしまう場合があります。

プレイ前・プレイ中にお客さんの肌の状態がひどいと見受けられたときは、性病のリスクも考え断ることも必要です。

プレイを断る際には、お客さんが気分を害さないように理由をしっかりと伝えましょう。

 

すぐお店に伝える

プレイを断った際には、その場ですぐにお店へ電話して理由を説明するのが適切です。

お店も嬢に性病のリスクを負わさせることは、勿論させたくないのでしっかりと説明をすれば理解してくれます。

また、症状がひどくなくてもプレイ中頻繁に体中をかいたり痒みを訴えている、少し出血などをしていたときはプレイ終了後に念の為お店に伝えておくのが良いでしょう。

 

アトピー客のまとめ

以上、アトピーのお客さんが来たときの接客と注意点について…でした。

風俗のお仕事は、肌を合わせるお仕事なのでお客さんも風俗嬢自身も性病等の感染に気をつけて行かなくてはなりません。

当たり前のことですが、どんな病気や症状も自分がなりたくてなった訳ではありませんよね。

アシスタントの千絵ちゃん
しかし症状がひどい場合には感染症のリスクも考え、しっかりとプレイを断ることも大切です。

あなたに最適な風俗の求人情報や、高収入アルバイトのご相談は当社へお気軽にご連絡ください♪

アトピー客の対応と注意点+移らない?【風俗嬢の悩み】

この記事が参考になりましたらシェアお願いします


嘘の広告で時間を無駄にしない為にも風俗のお仕事探しはプロへご相談ください!

10年以上で10,000人以上の実績のある当社が安心・安全なお仕事探しのお手伝いをさせて頂きます♪

風俗求人サポートセンタースタッフ

当社は首都圏を中心に全国へ風俗アルバイトのご紹介を行っております。

特に未経験者や初心者の方は風俗業界の知識がないので色々悩まれる事も多いと思います。

初心者向けなお店から上級者向けなお店、ソフトサービスのお店からプロ向けなお店まで、また【在籍】【出稼ぎ】など幅広く取り扱っております。

今はどこのお店に行っても稼げる時代ではありません。

自分に合った業種、コンセプト、年齢層、場所選びは非常に重要です。

当社の経験豊富なスタッフがあなたにピッタリな稼げるお店をご紹介させて頂きます!!

また、信用ができる優良店のみ厳選してお付き合いをしておりますので安心してお仕事をして頂けます。

風俗アルバイトのご紹介は長年の実績と信頼のある当社へお気軽にご相談ください♪

ご利用はすべて無料です!!