SMクラブの主なアダルトグッズとオプションの種類・使い方

SMクラブの主なアダルトグッズとオプションの種類・使い方
Aちゃん
SMクラブのアダルトグッズって、どんなのなんだろう?
Bちゃん
怪しいグッズとかいっぱいありそうだし。。。
Aちゃん
オプションもたくさんありそうだよね。
Bちゃん
でも、私少し興味もあるかも。。。

 

一般の風俗店に比べSMクラブはハード系な業種になりますが、興味がある方にとっては高単価な為、楽しく稼ぐ事がでできます。

マニアなお客さんも多数来店しますが、その分様々なオプションも用意されています。

SM店の面接を受ける前に、お給料やプレイ内容はもちろんですが、アダルトグッズやオプションも気になるところですよね。

※お給料やプレイ内容が気になる方は「SMクラブ嬢(S嬢&M女)のお仕事内容とお給料+オプション」をご覧ください。

アシスタントの千絵ちゃん
そこで今回は、「SMクラブの主なアダルトグッズとオプションの種類・使い方」についてご紹介いたします。

 

通常オプション+SMのオプションも人気

一般的なバイブ、ローター、電マはどれも人気なおもちゃです。

※SM以外の一般的なアダルトグッズとオプションは「風俗で人気のアダルトグッズとオプションの種類・使い方」をご覧ください。

そこに加えて人気があるものは、SMなどのハード店だけに用意されている「SMグッズ」です。

一般的なお客さんから、マニアックなお客さんにまで人気のあるオプション・アダルトグッズです。近年では、AVの作品でもハード系のものが増え始めていて、そこから興味を持った男性たちがSM店を利用しているのだとか。

アシスタントの千絵ちゃん
今回はその中から、SMで主に選ばれる代表的なアダルトグッズの使い方をご説明していきます。

 

SMで人気があるアダルトグッズ

  1. 猿ぐつわ(ギャグボール)
  2. 首輪
  3. 綿ロープ・麻縄
  4. 鞭(ムチ)
  5. アナルバイブ
それぞれ基本コースに含まれていたり、オプションとして用意されているなどお店によって異なります。

 

➀猿ぐつわ(ギャグボール)

猿ぐつわ(ギャグボール)の画像

SMクラブには、必ず用意されているおもちゃの一つです。

猿ぐつわとは元々刑罰を与えるため、罪人を拘束しておくための一種として江戸時代と古くから用いられて(もちいられて)いました。昔は口の中に布類(手ぬぐい)などを押し込むのが一般的でした。

しかし近年では、猿ぐつわの種類も増え様々な種類が増えています。

  • 口の部分に玉が付いた定番の「ボールギャグ」別名:涎玉(よだれだま)
  • 口の部分に棒状のものが付いた噛み締めるタイプの「バイトギャグ」というものがあります。

主にお店で用意されているのが、定番のボールギャグ。

どの種類も、頭の後ろで留めるバックル・マジックテープ仕様になっています。

猿ぐつわをさせ、その拘束感や女性を支配した気分になれると人気のおもちゃです。

猿ぐつわの使い方

猿ぐつわ(ギャグボール)を加えた女性の画像
  1. ボールの部分を消毒
  2. 軽く歯で噛むように咥える

ボールの素材は、ゴム製・シリコン製の物なので、口に咥えても問題はありません。

猿ぐつわをしてる時は、口をずっと開いた状態になります。

別名・涎玉(よだれだま)とも呼ばれるほどなので、だらだらと唾液が垂れてくることも。

最初は恥ずかしい、汚い、と感じると思いますが、お客さんはその恥ずかしさや汚さに興奮します。慣れてきたらどんどん唾液を出していきましょう。

アシスタントの千絵ちゃん
長時間の使用の場合、歯や顎が疲れてくるので少々辛いかもしれません(^_^;)

 

➁首輪

首輪の画像

首輪もSMクラブでは定番のおもちゃです。

首輪は元々、動物を飼育する以外に、昔から海外・国内問わず人に刑罰を与えるため、奴隷・家畜として扱うために使用されてきました。

近年では、おしゃれとして「チョーカー」と呼ばれるネックレスも流行りましたよね。

アダルドグッズでは、表面は合革製(ごうがわせい)で装着部分にクッションが入っているものもあります。

留め具はベルトタイプが主流で、ギリギリまで締める事も可能。金具にチェーンが付いていて、よりリアルな奴隷感を醸し出しています。

首輪の使い方

首輪をした女性の画像

首輪は、ただ装着するだけのものなので難しい使い方はありません。

基本的にお客さんが装着してくれるので、髪が絡まらない様に手で持ち上げておくのがオススメです。

稀な事ですが、お客さんの中には首輪をギリギリまでキツく締める事があります。
ベルトタイプの留め具なので、簡単には外れません。
我慢できないほど苦しい、痛いと感じた場合はすぐにお客さんに外してもらうか、緩めてもらいましょう。

 

➂綿ロープ・麻縄(あさなわ)

麻縄と綿ロープの画像

SMプレイといえば、ド定番とも言える「縛り」です。緊縛とも呼ばれショーがあるほど人気です!!

  • 綿(めん)ロープ
  • 麻縄(あさなわ)

と2つの種類が用意されています。

綿ロープは、素材が柔らかく縛り痕が付きにくいため、初心者向けのロープになっています。しかし、柔らかいからこそ解けやすくもあるので、特にマニアなお客さんは少しキツく締める傾向にあります。

麻縄は、「麻」という植物から採取された繊維のこと。その繊維を糸にして、何重にも編み込んだものを「麻縄」といいます。

江戸時代からと長く歴史があり、荷物などを縛る際には必ず使われていました。麻縄の場合、素材が堅いので痕は付きやすいです。しかし、縛り方や体質にもよりますが、痕は基本的に1~2時間程で消えるので痕がずっと残ってしまう心配はありません。

アシスタントの千絵ちゃん
綿ロープと違い、一度縛ると中々解く(ほどく)ことができず、色味や手触りからリアルなプレイを楽しむ事ができます。
SMマニアなお客さんは、必ずと言っていいほどオプションで付ける人気です。

ロープの使い方

ロープで縛られた女性の画像

ロープでの縛り方は、お客さんによって異なります。主にお客さんがするスタンダードな縛りだと、

  • 後手縛り(うしろてしばり)
    両腕を背中で組み合わせ、腕・背中・胸を縛る方法。1番スタンダードで、縛りが出来るお客さんはこの方法をする人が多いです。
    キツく締められても、腕を組み合わせている為ほぼ痛くはありません。

 

  • 諸手上げ縛り(もろてあげしばり)
    両腕を頭の後ろで組み、縛る方法。
    背中・首から縛り、そのまま繋がりのロープで腕を固定する場合もあります。
    しっかりと固定される縛り方ではないので、長時間縛られていると、上げた腕・肩が疲れてくることも。慣れてくるまではツライかもしれません。

 

  • 吊り・部分吊り
    吊りは、AVで特にされている縛り方です。体全体、または体の一部分を縛り、ロープを天井やフックに引っ掛け女性を吊る方法です。
    吊りは、縛りの中で特に体にロープが食い込み、体重を支えようとする為痛みが伴う場合もあります。
    ※吊りが初心者の場合、片足だけ、片腕だけを吊られる事が多いので、長時間プレイでなければ痛くはありません。

慣れたお客さんの場合は、少々ハードな吊りをしてくる事がありますが、痛みを知っているので直ぐに解いてくれたり、痛みを伝えると解いてくれる事がほとんどです。

たまに縛りがヘタ・雑なお客さんもいます。キツ過ぎる場合は後々しびれが出たり、痕が残る場合がありますので、その場合は遠慮ぜず言ってロープを緩めてもらいましょう。

 

➃鞭(ムチ)

鞭(ムチ)の画像

鞭もSMでは定番のおもちゃです。

バラ鞭、一本鞭、乗馬鞭、ロッド(木の棒)と種類はありますが、お店でよく使われているのが、鞭の中でも1番安全で痛みが少ない、「バラ鞭」と呼ばれるものです。

バラ鞭の素材は合成で、打たれる衝撃部位を散らす為に数本に分かれています。

  • 六条鞭=6本に分かれている
  • 九尾鞭=9本に分かれている(きゅうび)

バラ鞭は衝撃を拡散できる為、痛みはさほどないかわりに、肌に当たった衝撃音が楽しめます。力加減は勿論必要ですが、ある程度の力では痛みは少なく、跡も残りにくいので安全性では1番です。

鞭の使い方

鞭(ムチ)で打たれる女性の画像

M嬢の場合、鞭を「打たれる」事が基本なので、自らお客さんにお尻を向けて、叩いて欲しい素振りを見せるとお客さんの興奮は高まります。いじめて欲しい…とお願いすると、お客さんの心を鷲掴みに出来ること間違いなし!

S嬢の場合、鞭を「打つ」側なので、力加減をしてお客さんのお尻を打ちましょう。

お客さんの中には、もっと強い痛みが良いという男性もいるので、その場合は強めに打つのがベストです。

M女は、痛みが激しく我慢できない場合はお客さんに伝えて加減してもらいましょう。同じ場所をずっと叩かれていては、いくら痛くない鞭でも痛みが出てきます。ムリは禁物です!

 

➄アナルバイブ

様々なアナルバイブの画像

アナル好きの男性は意外にも多く、指入れの他にアナルバイブ・アナルパールも人気のおもちゃです。

AVの影響が強く、アナル舐め・アナル責めを好むお客さんも徐々に増えてきています。

アナルバイブの素材は、シリコン製・ゴム製のものがあり、お尻に入るように先端にかけて細くなっています。

アナルパールの素材は、シリコン製・ゴム製・メタリック製のものがあり、いくつもの小さなボールが連なったバイブです。※アナルバイブ・アナルパール共に、電池式タイプとディルドタイプがあり、お尻でも感じられる女性には気持ちいいバイブです。

 

アナルバイブの使い方

  1. バイブを消毒※(バイブにはゴムを装着)
  2. 肛門にローションを付け、まずは指で慣らしていく※(指にもゴムを装着)
  3. 指の数を増やし、何度かゆっくりと挿入を繰り返して肛門を広げていく
  4. バイブ、又はパールをゆっくりと挿入していく

アナルは、膣と違い穴が狭い為、最初から激しくバイブを動かすのは禁物です。

バイブがどれだけ柔らかい素材を使っていても、人体からすると硬いものです。

アナルは、何度か指やバイブで刺激していくと自然と拡張していきます。まずは細めの物から慣らしていくようにしましょう。

アシスタントの千絵ちゃん
アナル責めは、気持ち良いと感じる人・感じない人がいます。気持ち良くないのにムリをして続けていくと、ただお尻に負担を掛けるだけになり、自分自身もストレスを感じてしまうのでやめておきましょう。
痔がある方はお尻プレイは向いてません。くれぐれも無理はしないようにしましょう。

 

ハード店とソフト店

ハード店、ソフト店をイメージした画像

SM専門店には、ハードプレイソフトプレイのお店が存在します。

ハード店は、SMを究極に極めた嬢やお客さん向きです。

プレイ内容にもよりますが、気持ち良いよりも痛みの方が強く、慣れていなければ耐えられないプレイもあるほど。それに加えスカトロプレイなどもあり、興味がない方はお金に釣られて行ったとしても長続きしません。痛みに強い、痛い事が大好きな女性はハード店がオススメかもしれません。

一方のソフト店は、ハード店に比べると痛みも少なく、気持ち良いと感じられるプレイが多いです。

ソフト店は、イメージで言うと一般的なヘルスプレイに+SMといった形なので、利用するお客さんもヘルスのようなバイブや電マ責めをする方が大半です。

ただ、SM店なので勿論責めが強い人や縛り、鞭を重視するお客さんもいますが、ハード店程のプレイにはなりません。

 

まとめ

以上が、「SM風俗店にある主なアダルトグッズとオプションの種類・使い方」についてでした。

今回はSM店の代表的なものを取り上げてみました。上記で上げた他にもまだまだ沢山の種類のオプションがあります。

ソフトなもの~ハードなものまで様々です。基本プレイは選べない場合が多いですが、オプションに関しては選べるおお店がほとんどです。

SMは風俗の中でも特殊な業種になりますので、SMに多少でも興味がある女性は一度、ソフトSM店からチャレンジしてみても良いんではないでしょうか。

アシスタントの千絵ちゃん
あなたに最適な風俗の求人情報や、高収入アルバイトのご相談は当社へお気軽にご連絡ください♪
SMクラブの主なアダルトグッズとオプションの種類・使い方

この記事が参考になりましたらシェアお願いします


【お店・収入・環境】
本当に満足していますか???

風俗求人サポートセンタースタッフ

当社は首都圏を中心に全国へ風俗アルバイトのご紹介を行っております。

特に未経験者や初心者の方はまったく知識がないので色々悩まれる事も多いと思います。

初心者向けなお店から上級者向けなお店、ソフトサービスのお店からプロ向けなお店まで、また【在籍】【出稼ぎ】など幅広く取り扱っております。

業界の経験、豊富なスタッフがあなたにピッタリなお店をご紹介させて頂きます。

ご自分に合った業種、ご自分に合った年齢層、ご自分にあった場所選びは非常に重要です。

今の時代どこのお店に行っても稼げる時代ではありません。

風俗アルバイトのご紹介は長年の実績と信頼のある当社へお気軽にご相談ください♪

ご利用はすべて無料です!!